読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

【五楼'sトーク】川越市役所の斜向かいにある小洒落たカフェ〜glin coffeeのこだわりは川越の近未来を予感させる!

川越 カフェ glin coffee 川越市役所 大谷周平

f:id:gainsbourg-japon1963:20170214234826j:image

川越市役所前交差点の一角にある、glin coffeeをご存知だろうか? 木の温もりを放つ外観が、なんとも素敵で、一目見ただけでも、"ただもの"ではない感が漂うのだ。

「ほー! 食べ歩きコッペパン!! 」

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20170214234851j:image

入口の看板には、15種類のコッペパンメニューが紹介されていて、「ハム+チーズ」や「ツナポテトサラダ」などのおかずパンもあれば、「イチゴジャム+マーガリン」や「チョコクリーム+ホイップ」などのおやつパンもあり、しかも、"食べ歩き"と銘打っているだけあり、コンパクトなサイズだ。

 

店内へ入ると、店主の大谷周平氏が、人懐こい笑顔で迎えてくれる。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20170214234956j:image

 

コーヒーの種類も、コーヒーを使ったメニューもたくさんあり、どれも一工夫ありそうな、そんな雰囲気が漂う。

 

店主大谷氏の勧めもあり、「カフェオレ」と、「イチゴジャム+マーガリン+ホイップ」のコッペパンを試してみることにする。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170214235025j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170214235036j:image

会計を済ませ2階に上がると、店頭以上に木の温もりを感じる内装に目を奪われる。スピーカーからは、セルジュ・ゲンスブールの歌声が心地よく響き、暫く聞き惚れていたら「カフェオレ」と「イチゴジャム+マーガリン+ホイップ のコッペパンが運ばれてきた。 カフェオレを一口飲む。そして、コッペパンをかじる。カフェオレは味わい深く、コッペパンは、懐かしさ以上に、"進化したコッペパン"という感じが強く、繊細な味だ。

まだまだGlin coffeeは進化を続けるだろうが、年間600万人もの観光客が訪れる小江戸川越の「くつろぎの空間」として、ますます人気も高まるだろう。店主大谷氏のこのスタイルは、近未来の川越も予感させてくれるのだ。(五楼)

 

glin coffee(グリーンコーヒー)

川越市元町1-1-20

※川越市役所斜向かい

049-227-9301

営業時間

08:00〜18:00 

http://www.glincoffee.jp/

https://m.facebook.com/glincoffee/