読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

みんなを元気にしたい!〜鶴亀劇団県内各地で公演活発に!

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306222717j:image

 

坂戸市を拠点に活動中の「鶴亀劇団」(伊東實座長)。県内各地の介護施設などで公演を行っているが、今人気上昇中だ。

 

4日(土)、「鶴亀劇団」は、ふじみ野市のJAいるま野かみふくおか西デイサービスセンター(大木真一所長)で、公演を行った。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306222806j:image

第一部は、「まぶたの母」が上演された。アドリブ満載のコミカル劇に、会場は笑いの渦に包まれ、デイサービスセンターの大木所長もゲスト出演し、さらに会場は盛り上がった。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306222844j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306222933j:image

 

第二部では、「鶴亀劇団」とも縁が深く、中国国歌「義勇軍行進曲」の作詞者として著名な、田漢氏の姪に当たる、田偉氏が「夜来香」など、日本でもお馴染みの曲を披露した。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306223025j:image

その後も「鶴亀劇団」団員による歌やオカリナ演奏、舞踊の披露があり、デイサービスセンターを利用するお年寄りたちを、大いに楽しませた。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306223052j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306223113j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306223135j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306223159j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170306223214j:image

 

「鶴亀劇団」は、結成10年を迎えた。団員は10名で、平均月3回県内で劇や歌などを披露している。伊東座長によれば、今後は「水戸黄門」を上演し、さらにお年寄りたちを喜ばせたいと、意欲を見せた。 (五楼)