読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

「地域でサポート 高齢者とペット」朝霞で開催〜高齢者とペットの命を守り尊厳を守るために

朝霞市 動物との共生社会を目指す会 Vest. 倉田美幸 高齢者とペット

f:id:gainsbourg-japon1963:20170225151252j:image

18日、朝霞市の朝霞中央公民館で、セミナー「地域でサポート 高齢者とペット」が開催された。講師には、埼玉県内で活躍中の上級愛玩動物飼養管理士で介護支援専門員(ケアマネジャー)倉田美幸氏を迎えた。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170225151320j:image

司会は地元すまいるエフエムでパーソナリティを務める大田英司氏が務め、冒頭セミナーを主催する「動物との共生社会を目指す会 Vest.」代表、清水啓恵氏が挨拶に立ち「深刻な事態となりつつある、高齢者とペットの問題に大きな関心を寄せてほしい」と訴えた。

 

清水代表の挨拶に続き、倉田氏の講演が始まった。近年、独り暮らしする高齢者とペットが共に暮らす様子がよく見られるようになってきたが、独り暮らしの高齢者にとって、ペットはかけがいのない存在であり、生きる支えである。しかし、そこには大きな問題も隠されており、万が一、高齢者が突然の病で入院したり、高齢者施設へ入所することがあれば、ペットは行き場を失ってしまう。こうした事態になる前に、かかりつけの動物病院で専門的なアドバイスを受けるなど、万が一に備えておくことが重要と、力強く訴えた。また、倉田氏から見た高齢者の特徴についても話が及び、感情や人格、精神機能などを踏まえて高齢者と接する必要があるなど、常に現場で様々なケースに遭遇し、その都度対応してきただけある倉田氏ならではの、リアリティある講演だった。

 

倉田氏の講演後は、参加者がグループに分かれ、ディスカッションが行われた。

 

今後も「動物との共生社会を目指す会 Vest.」は、地域で人と動物が共に暮らすことができる社会づくりテーマに、様々なイベントを開催しながら、参加者と共に考え、問題解決に向けて取り組んで行く。(五楼)

 

動物との共生社会を目指す会 Vest.

問い合わせ
vest.asaka@gmail.com

※動物との共生社会を目指す会 Vest.Facebook ページも開設中!