読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

【五楼'sエッセイ】美味いラーメン屋さんは埼玉に潜んでいる⁉︎

f:id:gainsbourg-japon1963:20170211180404j:image

 

梅がほころび始め、なんとなく春めいてきた感もあるが、まだまだ寒い。寒い時期に空腹だと、「あー、お腹空いたなあ」ではなく、「ひもじい!」と感じてしまうのは私だけだろうか。単なる空腹感ではないのだ。空腹感プラス寒さというのは、「お腹が空いた!」レベルではない、「ひもじい!」になってしまうのである。 その「ひもじい」を急速に解消してくれるのがラーメンなのである。今やラーメンは国民食となり、どの街にも美味いか不味いかはともかく、ラーメン屋さんは必ずある。例えひもじくとも、せっかく食べるなら、美味いラーメン屋さんに駆け込みたいところだが、駆け込んだ先が「ハズレ」なんてこともよくある話で、その場合は二度と行かなければよいのだ。逆に、一度行ってやみつきになり、毎週のように通うという人もいる。

前置きが長くなったが、ラーメン好きの間でにわかに注目を集めているのが北浦和と与野である。北浦和には、娘々、金魚、味噌そばふうび、与野にはつけ麺R&Bと、個性的なお店が並ぶ。これらのお店に共通することは、リピーターが多いということか。私の知人は、週1必ずつけ麺R&Bへ行かないと落ち着かないらしい。多分、私の知人みたいな人々が、足繁く通っているのだろう。

「ラーメンなんか毒だから食べるな!」

以前の職場で、上司から言われまくっていたのだが、まあ、確かに食べ過ぎれば毒であるが。

話は元に戻るが、仕事帰り、駅を降り立ち、寒さに震えながら家路につき、その途中、ふらっと立ち寄り、ズルズルっとラーメンをすすると、身体も温まり、胃袋も満たされ、安堵しながら再び家路につくなんて、最高に幸せなことなのである。

北浦和や与野に限らず、埼玉にはまだまだ美味いラーメン屋さんが潜んでいるのだ。(五楼)

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20170211180419j:image

味噌そばふうびの「辛味噌そば」

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20170211180508j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170211180529j:image

つけ麺R&Bの「辛つけ麺」