読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

躍動と迫力溢れる和太鼓の競演〜さいたま太鼓エキスパート2016開催!

f:id:gainsbourg-japon1963:20161206003134j:image

 

4日、さいたま市大宮区さいたま市民会館おおみやで、23回目となる「さいたま太鼓エキスパート2016」(さいたま和太鼓振興会主催)が開催された。さいたま市内で活動する精鋭12組による競演とあって、大勢の人が市民会館おおみやに駆けつけた。

開会セレモニーに続き、大迫力の合同演奏「希望」からスタート。開会早々にも関わらず、早くも会場は一体感に包まれた。合同演奏の興奮冷めやらぬ中、第1部の幕が開き、「鼓獅子」、「じゃりん鼓」、「堀崎こどもクラブ」、「北袋鼓友組」が演奏。第2部は「山崎子竜太鼓」、「彩の国 浦和ひびけ太鼓」、「すゞぎ鼓友会」、「あづま太鼓」が演奏。第3部は「堀崎武州太鼓」「火影」、「吉野原太鼓」、「批魅鼓」が演奏。どのグループも、個性あふれる高いパフォーマンスを見せてくれた。途中、「美女を追うオヤジーズ」(指導者のコラボ)によるサプライズもあり、見所満載の和太鼓の競演となった。

4時間たっぷりと、さいたま市内の和太鼓グループが、レベルの高い演奏を聞かせてくれたが、大会のフィナーレも、大迫力の合同演奏「Festa」が披露され、開会時以上の興奮と熱気に会場は包まれた。96人が息を合わせ、一心不乱に太鼓を打ち鳴らす姿に観客は酔いしれた。

「さいたま太鼓エキスパート」は、普段は地域の中で活動しているさいたま市内の和太鼓グループが、一堂に会し競演する貴重な機会であり、各和太鼓グループもファンも毎年楽しみにしている。早くも「さいたま太鼓エキスパート2017」は、来年の12月3日の開催が決まり、今から待ち遠しいとの声も聞こえてくる。(五楼)

 f:id:gainsbourg-japon1963:20161206003525j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161206003635j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161206003727j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161206003929j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161206004021j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161206004131j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161206004204j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161206004241j:image