読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

【五楼'sトーク】音楽で動物殺処分ゼロを呼びかける!〜朝霞・すまいるエフエムもサポート!

f:id:gainsbourg-japon1963:20161101113500j:image

お世話になっているシンガーShinoさんから1枚のCDが届いた。

"Love and music and animals"

様々なジャンルから、「動物愛護」を呼びかけるために集まり、それぞれの想いを音楽に乗せた、素敵な作品に仕上がっている。

SNSでも、日常的に可愛らしい様子が多数紹介され、街を歩けば多数の犬や猫たちと出会うこともしばしばで、今や我々の生活と切っても切り離せない動物たち。しかし、その裏側では、身勝手な人間たちによる遺棄や虐待、里親を装った詐欺など、命を軽視するような痛ましく、そして憎むべき行為が横行しているのだ。そんな人間たちのエゴにより、日本全国で約10万頭の犬や猫たちが保健所や愛護センターで殺処分されているという現実から、我々は絶対に目をそらしてはいけないのだ。

そんな現状が変わるきっかけになればと、立ち上がったアーチストたちの、優しい気持ちが溢れた作品である。ぜひお買い求め頂きたい。

今作品には、Shinoさん自身も"basil"というユニットで参加し、Shinoさんも番組を担当する、朝霞市のすまいるエフエム関係者も参加している。さらに、すまいるエフエム代表の柏木恭一氏からのメッセージも寄せられている。

朝霞市は現在、「動物愛護先進市」として注目されている。以前本誌でもご紹介した、公益社団法人日本愛玩動物協会埼玉県支所上級愛玩動物飼養管理士清水啓恵さんや松下昌代朝霞市議会議員などが、積極的に動物愛護活動を展開し、「殺処分ゼロ」を呼びかけている。その活動により賛同する方々が増え続けており、徐々に埼玉県全体に広がる勢いである。ぜひ、そちらにもご注目頂きたい。

尚、このCDの発売を記念したライブも開催されるので、こちらもぜひ足を運んで頂きたい。(五楼)

11月26日(土曜日)"Love and music and animals"CD発売記念ライブ

場所:下北沢ライブハウス「Com.Cafe音倉」
時間:開場12:30/開演13:00 終演15:30頃
チャージ:予約3000円(当日3500円)+ドリンク500円

出演者:大野恭二(ピアノ)、田中秀子(ピアノ&歌)、バジル(ピアノ&歌)、レレデビー(4人バンド)
河西麻希&船橋登美子(サックス&ピアノ)、東優夏(朗読または紙芝居)、KIKU(ギター、歌)
田村信二(ギター、歌)、吉田裕美(歌または朗読)

収益から、500円×入場者数を熊本の被災動物の為に寄付される。

 

ユニット バジルホームページ

http://www.basil-unit.jp/

 

すまいるエフエムホームページ

http://fm767.net/