読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

彩の国桜便り〜県内各所で開花!イベントも賑やかに!

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403163857j:image 

東京では桜の満開が告げられたが、埼玉県も桜の開花が進んでいる。2日(日)は天気にも恵まれ、県内の桜の名所は花見客で賑わった。

 

さいたま市浦和区三崎では、上木崎・大原・皇山地域自治協力連絡会と木崎自治協力会共催で「見沼桜まつり」が開催された。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403164021j:image

公務の間隙を縫って清水勇人さいたま市長、村井英樹衆議院議員武正公一衆議院議員、荒川岩雄県議会議員、小柳嘉文市議会議員、玉井哲夫市議会議員も駆けつけ、集まった人々と共に桜の開花を喜んだ。清水勇人市長は祝辞の中で、先月総延長20kmを超え日本一になった「見沼田んぼの桜回廊」にも触れ、植樹のため寄付をした市民や企業に謝意を示し、市民が気軽に自然に触れ、憩える場所づくりを進める意欲を表した。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403163927j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403163941j:image

時間を追うごとに花見客が増え、特別出店した上木崎7丁目のテイクアウト専門焼き鳥店「とんとりーず」も賑わいを見せていた。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403164046j:image

なお、見沼代用水沿いの桜は、まだ五分咲き程度の木もあり、まだまだ楽しめる。

 f:id:gainsbourg-japon1963:20170403164732j:image

朝霞市では1日と2日、「第11回黒目川花まつり」が開催された。朝霞市は今年市制施行50周年を迎え、その節目に相応しい祭りにしようと、実行委員会・協賛各社が一丸となり準備を進めた結果、多数の花見客で終日賑わいを見せた。ステージではフラダンスや演奏などが披露され、カヌー体験や黒目川に棲息する魚の展示など、見どころが多い「黒目川花まつり」だった。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403164804j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403164819j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403164057j:image

 

3日現在、埼玉県内では、日中の気温が高いこともあり、開花が加速している。

 

さいたま市南区の別所沼公園の桜は、ほぼ満開となり、平日にも関わらず、多数の花見客が詰めかけた。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403164856j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170403165006j:image 

さいたま市大宮区大宮公園も見頃を迎えている。さいたま市中央区与野公園も、ほぼ満開、さいたま市岩槻区の岩槻城址公園は七分咲き程度。幸手市の権現堂桜堤は五分咲きから七分咲き程度とのこと。(五楼)

※写真協力
☆えーじ☆氏(すまいるエフエムパーソナリティ)
松下昌代朝霞市議会議員