読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

【特集チャレンジ2020】フルマラソン365日のギネス保持者がさいたま市へやってきた!〜別所沼会館でステファン・エンゲルス氏歓迎会を開催!

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227222947j:image

2020年東京オリンピック開催まで、別所沼公園(さいたま市南区)を舞台に、誰かが毎日42.195kmのフルマラソンを走り続ける「チャレンジ2020」が始まって2年が過ぎた。 1人のランナーがフルマラソンするもよし、数人がリレー形式でバトンを繋ぎながら42.195kmを走ることも可能で、気軽に参加できるマラソンイベントとして年々注目を集めている。

 

「チャレンジ2020」主催者でNPO法人HERITAGE代表理事を務める楠田昭徳氏は、かつて52日間連続フルマラソンを見事に成し遂げ、世界ギネス記録にも認定されたことがある。しかし、その記録をあっさりと抜き去り、365日間連続フルマラソンを成し遂げたのが、ステファン・エンゲルス氏なのである。ステファン氏は、ベルギーのゲント市在住で、フルマラソン365日間連続フルマラソンの他、トライアスロンアイアンマンレースを1年間に20回完走という、2つの世界ギネス記録の保持者だ。

 

今回ステファン・エンゲルス氏は、楠田昭徳氏と共に東京マラソンを走るため、そして、「チャレンジ2020」に出走するために来日したのだ。ステファン氏にとって、東京マラソンは1001回目のレースとなったが、楠田氏と共に見事完走し、東京マラソン翌日である今日、楠田氏のホームグラウンドである別所沼公園の隣、別所沼会館でステファン氏を歓迎する会が開催されたのだ。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223315j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223347j:image

 

ステファン氏を歓迎する会には、日頃楠田氏を支える人々100人以上が集まった。公務の間隙を縫って、清水勇人さいたま市長、村井英樹衆議院議員、萩原章弘さいたま市議会議員、冨田かおりさいたま市議会議員も駆けつけた。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223216j:image

 

終始、友好ムードに包まれる中、会は進行した。清水勇人さいたま市長は、ステファン氏の来日を熱烈に歓迎するスピーチを行い、ユーモアも交えながら、市長自身が「チャレンジ2020」や「さいたま国際マラソン」に出走した時のエピソードも披露した。 村井英樹衆議院議員からもステファン氏を歓迎するスピーチ、そして村井衆議院議員自ら出走した「さいたま国際マラソン」での経験が披露された。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223120j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223141j:image

 

宴たけなわの中、ボランティアグループ一歩会の佐野尚子氏が横笛で入場。日本的なもてなしでステファン氏を歓迎するサプライズだったが、ステファン氏も出席者も、佐野氏の横笛演奏に感激した様子だった。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223045j:image

明日28日(火)の「チャレンジ2020」には、いよいよステファン・エンゲルス氏が走る! 別所沼公園の中を、ステファン氏が駆け抜ける様子は、きっと見る者を感動させてくれるだろう。
(五楼)

 

『チャレンジ2020』

毎朝09:00より別所沼公園で開催。

詳しくはホームページで

https://c2020.jimdo.com/

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223410j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223431j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170227223447j:image

 

365 jours complet détenteur du record du marathon, M. belge Stefan Engels est venu à Saitama City. M. Stefan Engels, au Japon, avec un support d'enregistrement marathon complet en continu de 52 jours, M. Akinori Kusuda de race aussi dans le «Défi 2020» organisé par. Comme son veille, nous sommes réunis pour accueillir M. Stefan Engels a eu lieu.