読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

川合善明川越市長精力的に市政報告〜8年間の実績と姿勢を評価する声多数

川越 川合善明 新井喜一 近藤芳宏 山木綾子 吉野郁惠 川越市長選挙

f:id:gainsbourg-japon1963:20170103132243j:image

いよいよ今月15日、川越市長選挙が告示される。現職で3期目に挑戦する川合善明市長も精力的に市内各所を回り、市政報告を行なっている。

12月25日、高階市民センターで、川合よしあき高階後援会主催による「川合よしあき市政報告会」が開催された。来賓として駆けつけた新井喜一、近藤芳宏、山木綾子、吉野郁惠各市議会議員も、8年間の川合市政運営と、川合市長が掲げる将来的なビジョンを評価した。

f:id:gainsbourg-japon1963:20170103132343j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170103132446j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170103132411j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20170103132519j:image

市議団の応援を受けて、川合市長が壇上に立った。川合市長は、新河岸駅改修事業などの経過を報告し、さらに安心安全なまち川越を目指すため、通学路や生活道路の整備、地域包括ケアシステム構築とともに高齢者の見守りや生活支援、子育てしやすい川越を目指すため、、民間保育園の建設を促進し、待機児童ゼロに向けて取り組むなど、具体的な政策を示した。

 

今回の川越市長選挙には、現職の川合市長に、渋谷実県議会議員(元県議会副議長)、本山修一元川越市議会議員が立候補を表明し、熾烈な戦いが予想される。

これまでの実績と、将来に向けてのビジョンをしっかりと持っている川合市長に期待する声が多いが、川合市長は、どんな困難な状況であっても、正々堂々と選挙を戦い抜く覚悟だ。(五楼)