読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

【五楼'sトーク】住宅街のど真ん中に大日本プロレスがやってきた!〜さいたま市桜区のにじ屋で毎年恒例の筋肉火祭り開催!

f:id:gainsbourg-japon1963:20161202185242j:image

"プロレス"と聞くと血湧き肉躍ってしまうのは、私だけではないはずだ。70〜80年代、テレビから流れるプロレス中継に興奮し、熱狂した世代が、今は40代、50代となり、いつの間にかテレビからプロレス中継が流れることも無くなり、時々居酒屋で「猪木がタイガー・ジェット・シンの腕を折った」とか、「スタン・ハンセンのウエスタンラリアットは破壊力あったよなあ」とか、思い出話に花を咲かす程度になってしまった。お茶の間で父ちゃんと息子が唯一仲良くテレビが観られるのは、プロレスか野球かと相場が決まっていて、母ちゃんは、プロレス中継に熱狂する父ちゃんと息子を呆れ顔で見ていた、なんて光景が、どの家庭でもあったものだ。

前置きが長くなった。11月20日、さいたま市桜区の「リサイクルショップにじ屋」で、大日本プロレスの選手たちを迎え『筋肉火祭り8』が開催された。地域の人々も、遠方から駆けつけた大日本プロレスのファンの人々も、熱戦が繰り広げられる四角いジャングル(古い表現か)を囲んで、一体になっているのだ。リサイクルショップに並べてあった高価な商品も容赦なく凶器となり、それを制止するリングアナウンサーの絶叫も、何処か懐かしい感じがする。こんな素敵なイベントを、さいたま市の、住宅街のど真ん中でやってくれるなんて、最高じゃないかと私は思ったのだ。しかも、観戦料は無料なのである!(美味しい食べ物と飲み物で売上に貢献)

 

にじ屋は、障がいがある人々の支援をする「虹の会」が運営するリサイクルショップで、掘り出し物も多いと評判だ。また、今回の『筋肉火祭り』他、にじ屋では年間数々のイベントが行われ、地域の人々の人気もある。ぜひ、にじ屋が開催する各イベントにも注目して頂き、障がいがある人も、ない人も、共生できる社会づくりに貢献する「虹の会」活動に理解を頂き、共に楽しんで頂けたら幸いだ。(五楼)

 

にじ屋

さいたま市桜区道場2-15-26

電話:048-855-8438

〔営業日時〕

毎週水〜日曜日 10:30〜18:00 

〔アクセス〕

浦和駅西口より国際興業バス「大久保浄水場」、「桜区役所」に乗車し、「道場」バス停下車。徒歩1分。

にじ屋ホームページ

http://www.nijirock.com/nijinokai/nijiya

虹の会ホームページ

http://www.nijirock.com/nijinokai/

大日本プロレスホームページ

http://www.bjw.co.jp/

 

 

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161202190631j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161202191154j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161202190842j:image