読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

くるみボタンワークショップを志木の学童保育ルームいろはで開催〜すまいるエフエムのパーソナリティ、ふじいなおみさんを講師に

f:id:gainsbourg-japon1963:20161127171719j:image

26日、志木市にある「学童保育ルームいろは」(栄野比昌久代表)で、『くるみボタンワークショップ』が開催された。講師には、朝霞市コミュニティFM放送局、すまいるエフエムのパーソナリティを務めるふじいなおみさんを迎えた。

くるみボタンとは、コロンとしたまん丸のボタンのことで、簡単に自作できる。ボタンに限らず、マグネットやヘアゴムなど、様々なアイテムにアレンジすることも可能だ。 布が主流だが、ちょっと加工することで、お菓子の包装紙や切手も、くるみボタンにすることができるのだ。 キットも100円ショップで手軽に購入することができる。

ワークショップでは、子どもたちとその保護者など、集まった人々に、先ずふじいさんが実際に作りながら、工程を説明。やや緊張した面持ちの子どもたちも、だんだんほぐれてきて、思い思いのくるみボタンを作っていた。 最初は布でくるみボタンを作っていた子どもたちも、慣れてくるとお菓子の包装紙や切手を加工し、面白がって作るようになって行った。

今後も、「学童保育ルームいろは」では、子どもたちや、その保護者に向けた、情操教育に役立つ、様々なワークショップの開催を考えている。また、新たな学童保育のスタイルとして、英語教育を行う「わくわくイングリッシュ」や、算数、国語、図形パズル教室の「いろは塾」など、充実させたい考えだ。民間の学童保育クラブならではの発想で、これからも新たな風を起こしてくれるだろう。なお、12月18日日曜日、平成29年度学童入会説明会も実施されるので、ぜひ問い合わせてみたら如何だろう。

今回の講師を務めた、ふじいなおみさんは、12月6日より、すまいるエフエムで新番組「ふじい なおみふんわり研究室」をスタートさせる。(毎週火曜日11:30〜12:00)ふじいさんならではの"ほんわか"感溢れる番組でリスナーを癒してくれるだろう。(五楼)

学童保育ルームいろは

志木市本町2-2-39
東武バス国際興業バス「市場坂上」バス停近く

電話:048-485-1681(受付時間 13:00〜18:00)

http://irohagakudou.wixsite.com/kids

ふじいなおみさんのブログ

http://ameblo.jp/naobarista/

すまいるエフエムホームページ

http://fm767.net/

 

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161127171903j:image

丁寧に説明をする講師のふじいさん。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161127171956j:image

布を選ぶ子どもたち。素材選びにも個性が表れる。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161127172059j:image

型紙を元に布を切る参加者。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161127172149j:image

次々とかわいいくるみボタンが出来て行く。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161127172234j:image

子どもだけではなく、大人にも楽しいワークショップ。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161127172311j:image

アレンジを加えたふじいさんの力作も披露。