読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

元荒川と星川の合流地点付近にある小さな広場〜元荒川・星川をきれいにする会による"粋な"取り組み(白岡)

f:id:gainsbourg-japon1963:20161111235405j:image

白岡市西10丁目の元荒川と星川の合流地点に、小さな広場があるのをご存知だろうか? 木材で手作りされたベンチが並び、温もりある空間が創られている。 この広場は「茅野広場」と名付けられており、元荒川・星川をきれいにする会(野原朋之会長)を中心に、白岡市環境課も関わり、2013年に完成した。川の景色ともマッチした、"粋な"広場は、散歩中の休憩場所として最適だ。元荒川・星川をきれいにする会の役員を務める、白岡市選出の岡重夫県議会議員や、石原富子白岡市議会副議長も積極的に「茅野広場」の整備にも関わり、定期的に行う清掃活動にも参加している。

さらに、「茅野広場」を中心とした、元荒川の景観と、地域住民の安心安全のため、小島卓白岡市長、岡県議、石原副議長、野原会長が今年の7月、春日部市にある埼玉県総合治水事務所に元荒川浚渫の要望書を提出した。昨年9月の関東・東北豪雨で元荒川は急激な水位上昇が見られたことから、川底の浚渫を行い、流量を確保することが狙いだ。なかなか、親水と治水のバランスを保つのは難しいことだが、この取り組みは全国的に見ても好例であり、今後に期待だ。(五楼)

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161111235425j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161111235505j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20161111235521j:image