読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

埼玉県獣医師会「第38回ソフトボール大会開催〜獣医師同士の交流、そして健康増進のために

f:id:gainsbourg-japon1963:20161010153632j:image

10日体育の日、吉見町の吉見総合運動公園で、埼玉県獣医師会主催「第38回ソフトボール大会」が開催された。早朝から吉見総合運動公園には、県内の獣医師、そして関係者が300人集まった。 昨年は台風の影響でグランドが使えず、大会自体が中止になったので、2年ぶりの開催となる。

山中利之委員長による開会のことば、高橋三男会長挨拶、来賓挨拶、審判紹介、吉見町ソフトボール協会須永逞王会長挨拶、優勝カップ返還、選手宣誓、協賛会社紹介と、開会セレモニーが進み、09:30から4つのグランドに各チーム分かれ、試合が始まった。好プレイには拍手を贈り、ミスが出たら励まし合うという、清々しい雰囲気の中で試合が進んで行った。

高橋三男埼玉県獣医師会会長に、ソフトボール大会開催の趣旨と、埼玉県獣医師会が目指す方向性について聞いた。

「このソフトボール大会ですが、日頃運動不足になりがちな獣医師の先生方のために、年1回この体育の日に、動物病院を経営する方、動物病院に関係している方々、県の職員の方々が一堂に会し、丸いボールで絆を深めて行きます。多様化する社会情勢の中で、地域に貢献できる獣医師が求められています。我々埼玉県獣医師会は、社会的に貢献をして行きたいと考えております。動物も多様化しております。学校教育の中でも動物を介して、生きる力を学んでもらい、命の大切さも学んでもらいたいと思います。広範囲に、幅広く各方面の皆様と連携を図り、地域社会に貢献したいと考えます。そして地域から信頼される埼玉県獣医師会でありたいと思ってます」

今、社会の中で動物は身近な存在だ。しかし、身近であるが故に、様々な問題が起こっているのも事実である。今後も埼玉県獣医師会は、高橋三男会長を先頭に、動物にまつわる諸問題に対し、各方面と連携を図りながら、取り組んで行くだろう。(五楼)

http://www.saitama-vma.org/

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161010154000j:image

山中利之委員長による開会のことば。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161010154205j:image

高橋三男埼玉県獣医師会会長より挨拶と激励。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161010153653j:image

優勝カップ返還。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161010153826j:image

須永逞王吉見町ソフトボール協会会長より激励。

 

f:id:gainsbourg-japon1963:20161010154305j:image

4つのグランドにチームが分かれ、白熱した試合が展開。