読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリエテSAITAMA暫定版

webマガジンヴァリエテSAITAMA暫定版です。埼玉県の「良いもの」をご紹介します。

関口昌一参議院議員が代表質問〜子育て環境の整備を訴える

f:id:gainsbourg-japon1963:20160930095638j:image

29日、参議院では先に行われた安倍晋三総理大臣の所信表明演説に対し、各党より代表質問が行われ、自由民主党からは関口昌一参議院議員参議院幹事長代行・埼玉県選出)が登壇した。

関口議員は、待機児童対策についても質問を行い、保育側の受け皿が平成25〜27年の3年間で約314,000児童分増えている一方、まだまだ全国の待機児童は今年の4月時点で、23,553人おり、昨年より増加していることを指摘。関口議員の質問に対し安倍総理は「保育施設の整備や人材確保、問題になっている保育現場の環境改善などの対策を講じる」と答えた。

埼玉県でも待機児童問題は深刻な状況だが、関口議員の質問が埼玉県内の待機児童減少に向けての糸口となるよう、今後の取り組みに注目だ。(五楼)